敏感肌なら尚更正しいスキンケアをしよう!

ウーマン
  1. ホーム
  2. 自分の肌状態を把握する

自分の肌状態を把握する

スキンケア

敏感肌の人の場合、スキンケア方法にとても悩むでしょう。化粧品を購入して使用しても、肌に合わない場合が多く、その化粧品によって肌荒れを起こしてしまうこともあります。また、敏感肌の人の場合は、どの度合いによって症状に違いがあります。重度の人の場合は、洗顔時や入浴時に水を使用しているだけでもしみるような状態になってしまいます。そして、中度の場合は、化粧品などが合わない場合は肌に赤みが生じてしまうことや、その赤くなった部分にかさつきや痒みが出る場合があります。軽度の場合は、赤みはないものの部分的にかさつきが出てしまう症状が起こってしまいます。まずは、スキンケアを行う前に自分がどのような肌のタイプなのかをしっかり確認するようにしましょう。そして、敏感肌の人がスキンケアを行う場合は化粧品を上手に選ぶことも重要になります。まずは、肌の保湿がしっかり行えることがまず一番重要なポイントになります。敏感肌の人の場合、肌のバリア機能が低下していることが多く、バリア機能が低下してしまうことで保湿能力が低下してしまい悪循環を繰り返してしまうのです。そして、刺激を受けにくい化粧品を選ぶことも大切です。これは、自分の肌に合っているのか実際に比較をする必要がありますが、使用してみて肌に痛みやかゆみなどが出ないかを確認して選ぶようにしましょう。自分に合っている化粧品を選ぶことができれば、その化粧品をスキンケア対策として長期間使用し続けるようにしましょう。